制服やユニフォームの選び方を、アイテムごとに説明

大阪06-6535-9640 神戸078-360-5273 東京03-5812-1915
  • カタログ請求

制服の選び方 正しい制服の選び方をお教えします

制服選びのポイント

はじめに

自分の会社のユニフォームを決めるにあたって、どんなことを知っておくべきか、
どんな準備をすればいいのか、どんなところに気をつければいいのか等、
準備段階から発注までを順を追って説明していきましょう。

準備段階

最近のユニフォームはどんなものが流行っているのか、
ユニフォームを扱っている業者にはどんなところがあるのか、
ある程度の商品知識などをネットなどで事前に調べておきましょう。

カタログ請求を活用しよう!

カタログ請求を活用しよう!

また、ユニフォーム業者にはカタログ請求ができるところがたくさんありますので検討する服種に該当するカタログをいくつか取り寄せておくのも良いでしょう。

カタログ請求はこちら!

業者選定

ユニフォーム選びの際、見積もりをとって、
一番安い業者に決めるというのも、もちろん大きな要因ではあります。
ですが、ユニフォームは購入して終わりではありません。

購入後のメンテナンスも重要!

購入後のメンテナンスも重要!

サイズの交換や追加、刺繍やプリントなどのオプション加工に迅速かつ、的確なアドバイスをしてくれるなど、ソフト面も業者を決める大きなポイントになります。 特にオリジナルユニフォームを検討されている方にはよりそちらに重きを置くべきでしょう。

ユニフォームは、価格以外にも検討する部分は多いです。それだけに、信頼できるパートナーを見つけることが大切です。

商品選び

商品を選ぶポイントは大きく分けて、「デザイン」「素材」「機能」「価格」の4つがあります。

もちろん業者の担当者にアドバイスをもらうことも必要ですが、
自分の会社にあった色やデザインであったり、業務内容にあった素材や機能などの希望を、
ある程度自分でも持っておく必要はあるでしょう。

  • 流行のデザインや素材を知る

    流行のデザインや素材を知る

    制服にも流行があります。もちろん業者の担当者にアドバイスをもらう事も必要ですが、流行のデザインや素材を取り入れるのか、もしくは流行に左右されないオーソドックスなものを選ぶのかも重要です。

  • 色決めは会社カラーが決め手

    色決めは会社カラーが決め手

    会社のCIカラーやイメージカラーがある場合は、それらの色参考に色決めするのが一般的です。お客様や社員が頻繁に目にする制服にイメージカラーを取り入れると、自然と馴染み深いものになります。

  • 社員の年齢層も大事

    社員の年齢層も大事

    デザイン決定の重要な要素として、社員の年齢層があります。もちろん年齢関係なく着用して頂ける制服も多いですが、若年層の多い会社と年配者の多い会社では選択される制服に違いがあるのも事実です。

  • 制服の機能にも注目

    制服の機能にも注目

    制服は職場環境や業務内容に適応する素材や機能の付いたものを選ぶと良いでしょう。見た目だけではなく、効率よく仕事をする上で、着やすく職場環境に順応した機能的な制服は欠かせません。

  • 在庫の確認

    在庫の確認!

    悩んだ末に、せっかく選んだ制服です。早く取り入れて会社のモチベーションを上げたいところですが、在庫がなければ納入予定が大幅に遅くなることがあります。在庫の確認は必ず行ってください。

  • シーズンが大事

    シーズンが大事

    シーズンに合わせて制服を用意するところも増えています。半袖、長袖、ジャンパーなど色々ありますが、それぞれのシーズンに合った制服を着用し、仕事しやすい環境を作ることで仕事の効率は上がります。

着たい制服が決まったら

制服選びが決まったら、実際に商品見本を取り寄せてみましょう。
カタログの写真とは色が違って見えたり、イメージしていたものと雰囲気が違うこともよくあります。

また、試着をすることも可能なので、素材感や着心地を確認することもとても大切です。
場合によっては試着ができない商品もあるので、
営業担当者と打合せをしながらいろいろな商品を見て決めましょう。

制服が決定したら、購入に向けて業者と打合せを進めましょう。

ワンポイントアドバイス!

ワンポイントアドバイス!
  1. まずは数量の決定。着用予定の対象人数と1名あたりの枚数を確定する。
  2. 次にサイズの決定。サイズ表などを参考にしながら自分にあったサイズを選びましょう。サイズが分らない場合は業者に依頼し、採寸してもらうのも一つの方法です。サイズが合わないと、思わぬ破損の原因になりますので正確に採寸しましょう。
  3. 購入予定数が確定すれば、次は見積りです。価格の交渉や追加購入の方法など、制服は長期間継続して着用するものなので、アフターケアも大切なポイントです。納品方法なども細かく打合せをすることをお勧めします。
  4. これで制服選びは完了です。業者に発注し商品が届いたら、新しい制服を着てさわやかに仕事をしましょう!

商品を決めるにあたって気を付けるポイントをいくつか挙げてみましたが、その他にも気になる点などは、遠慮せずに問い合わせることを強くお薦めします!

電話でのお問い合わせ:06-6535-9640

メールでのお問い合わせ

最後に

以上、簡単に商品決定までの過程と、代表的なポイントを紹介させていただきました。
もちろんこの他にもいろいろ細かいポイントがあります。
業者が決まればその担当者とまめにコミュニケーションをとることをおすすめします。

秋冬女子事務服ランキング

Copyright © AVANCE UNI all rights reserved.

PAGE TOP
  • 電話する
  • カタログ請求
  • 試着依頼