アバンセユニのリサイクルシステム

大阪06-6535-9640 神戸078-360-5273 東京03-5812-1915
  • カタログ請求

環境への取組み 心と地球にやさしいユニフォームを提供

SDGsとは

持続可能な社会のための目標

持続可能な社会のための目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

参考リンク: Japan SDGs Action Platform / 外務省

アバンセユニとSDGs

暑さ・寒さ対策で働きやすい環境を作るユニフォームづくり

暑さ・寒さ対策で働きやすい環境を作る
ユニフォームづくり

電動ファン付き作業服により夏は涼しく、ヒートパネル付き防寒服等により冬は暖かく、1年を通して快適に働くことができるユニフォームを供給することで、省エネに寄与すると共に、職場環境改善に貢献します。快適に仕事できる環境がつくることにより、生産性の向をサポートします。

  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう
ジェンダーフリーなユニフォームづくり

ジェンダーフリーなユニフォームづくり

男女ペア企画の作業服や女性に特化したユニフォームを供給することにより、女性の活躍を応援します。また、ユニセックスのサイズ展開をしている製品を積極的に販売することで、誰もが同様に仕事できるジェンダー平等社会の実現に貢献します。

  • すべての人に健康と福祉を
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
着る人のことを考えたユニフォームづくり

着る人のことを考えたユニフォームづくり

社会情勢の変化や気候変動と共に、より厳しい環境の中で生活をしています。そのような中で、常に働きやすさや過ごしやすさを感じてもらえるよう、様々な機能・素材のユニフォームを開発し、暑さ・寒さ対策、作業時の怪我防止など全ての人の健康や働きがい、ユニフォームで健康をサポートします。

  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 気候変動に具体的な対策を
環境に負担をかけない素材を積極採用

環境に負担をかけない素材を積極採用

天然繊維をはじめ、再生ペットボトルなど石油製品からの再資源化、再生可能な樹木(パルプ)を主原料としたトリアセテート、和紙で作った糸、化学合成された農薬や肥料を使用せずに有機栽培されたオーガニック素材など、環境負荷の少ない素材を積極的に活用したユニフォームを提供しています。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 陸の豊かさも守ろう
リサイクルで作る資源循環型システム

リサイクルで作る資源循環型システム

アバンセユニでは、資源の有効活用につながるリサイクルを推進しています。リサイクル方法としてマテリアルリサイクルとケミカルリサイクルを採用。リサイクル製品の供給や技術導入をさらに拡大することにより、プラスチックゴミ削減や資源循環の推進に貢献していきます。

  • 質の高いきょういくをみんなに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

SDGsへの取組事例

  • 2021.02.05

    親会社のチクマがSDGs Aichi EXPO 2020 に出展しました。

    アバンセユニの親会社である株式会社チクマが、日本最大級のSDGs推進フェアである「SDGs Aichi EXPO 2020」にオンライン出展を致しました。着る人の事を考えたユニフォームづくりや生産や物流におけるサステナブルな概念について多くの方に情報を提要し、知っていただく機会となりました。

    猛暑対策展
  • 2020.07.30

    猛暑対策展イベントへの参加

    会場はインテックス大阪で、7月29日から31日まで開催され、展示内容は、建物用のミストや大型送風機、遮熱設備、空調設備など、そして体を冷やすための衣類等が出展されていました。
    ファン付きウェアも様々な種類が出てきており、作業服だけでなく、日常に着用できるようなデザインが多くなってきました。

    SDGsと大阪・関西万博、ファッションにできること
  • SDGsと大阪・関西万博、ファッションにできること

    今回は「SDGsと大阪・関西万博、ファッションにできること」についてパネルディスカッション形式で行われたセミナーに参加しました。ファッション業界でみると、古着のリユースやリメイク、シェアなど増えつつはあるが、過剰なストックがあり、それらが大量に廃棄されているのが日本の現状。消費者にはまだまだSDGsが浸透していないこと、一企業だけの取組みでは難しく、官民が協力し合い社会全体で取り組む必要があることなどが議論されました。 また万博に期待する事として、織物や編み物、染色技術など、さまざまな繊維の産地がある関西を、万博を通じて世界に発信し、盛り上げていければと話し合いました。
    場所:国際ファッション専門職大学
    学生も参加

    ピンバッジ
  • 2019.06.18

    親会社のチクマと合同でSDGsに関する勉強会を開催

    親会社のチクマと合同でSDGsに関する勉強会を開催し、地球の環境について、どのような状況になっているのか?に関するクイズなどを通じ、情報共有を行い、継続的な意識付けを行う目的でピンバッジなどの購入を行いました。

  • 2019.07.19

    エコプラザSDGsセミナー~最新の暑さ対策~への参加

    エコプラザSDGsセミナー~最新の暑さ対策~への参加を行い、様々な会社や行政機関の取組についての情報収集を行いました。

リサイクルシステム

リサイクルシステム

地球にやさしいエコ活動を実践しています

現在、世界中でエコ活動が活発化しています。ペットボトルをリサイクルした商品も発売されたりしていますね。同じように、ユニフォームや作業着もリサイクルすることが可能です。アバンセユニでは、販売したユニフォームや作業着を回収し、リサイクル商品にしています。リサイクルをすることは、地球環境において、とても重要だと考えています。

リサイクルの種類

ユニフォームや作業着のリサイクル方法はいくつかありますが、
アバンセユニではマテリアルリサイクルとケミカルリサイクルを採用しています。
ここでは、簡単にですがその方法についてご説明したいと思います。

マテリアルリサイクルとは

マテリアルリサイクルとは

回収した使用済みユニフォームに、破砕・反毛・フェルト加工等を施し、各種二次製品として再資源化するリサイクル手法です。具体例としては、各種自動車内装材(断熱材・防音吸等)や軍手等へ再資源化されています。

ケミカルリサイクルとは

ケミカルリサイクルとは

PETボトルやポリエステル製品から、添加剤・着色剤を分離し、石油から製造する原料と同じレベルの高純度ポリエステル原料「DMT:テレフタル酸ジメチル」(純度99.99%)に戻す高度精製技術。操業化されている世界最先端のリサイクル技術です。(=新原料リサイクル)

リサイクルで再生したグッズ

使用済みユニフォームやペットボトルを再生することで、
バッグ、軍手、帽子、モップ等をリサイクル再生することができます!
下記は、ほんの一部です。

リサイクルで再生したグッズ

ユニフォーム再生グッズ

使用済みユニフォームを回収して、エコバッグや軍手にリサイクルすることが可能です。自社が排出した不要物を自ら再利用する「自家循環」こそ、循環型社会を生きる新しいかたちです。

ペットボトル再生グッズ

ペットボトル再生グッズ

使用済みペットボトルを回収し、不純物を取り除いて粉砕。再び溶かして出来た糸から生地が出来上がり、さまざまなエコグッズに生まれ変わります。チクマのエコグッズは、エコマークにも認定された、付加価値の高いリサイクル商品です。

  • ユニフォームリサイクル チクマ

春夏 女子ランキング

  • 大阪本社

    大阪府大阪市西区西本町2丁目2-2
    なにわ筋中央ビル4F
    TEL.06-6535-9640

    詳細はこちら

  • 東京支店

    東京都台東区上野5丁目3−4
    中井ビル東館4階
    TEL.03-5812-1915

    詳細はこちら

  • 神戸営業所

    兵庫県神戸市中央区栄町通4丁目3番5号
    毎日新聞ビル5F
    TEL.078-360-5273

    詳細はこちら

Copyright © AVANCE UNI all rights reserved.

PAGE TOP
  • 電話する
  • カタログ請求
  • 試着依頼